ユーザ用ツール

サイト用ツール


メニュー

あやと

正式名称:あやとOff-Road Racer(1994年11月24日-)

国籍:日本
身長:176cm
体重:77kg

2018年のG-NETランキング 2位。若手急先鋒。ロッシの元弟子だが、方向性の違いから現在では師弟関係を解消している。2018年G-NET最終戦 日野ハードエンデューロではロッシを抑え1位を獲得、シリーズチャンピオンかと思われたが、ファイナルヒルの登頂方法に物言いが付き、幻のチャンピオンに終わる。ライダー同士の引き上げによる登頂であったが、運営の最終判断は“レースを終えたライダーによるヘルプはライダー同士によるヘルプと見なさない”というものであり、ノーヘルプゾーンの規定に反することとなった。レース後半めちゃくちゃに仕上がった末、レギュレーションの穴を突く作戦ではあったが、自力でオシ上げたロッシとの対比もあり、強いバッシングを受け、ハードエンデューロ界のの名を一時欲しいままとした。

2018,2019年はHusqvarna TE150ハスクバーナ平田自動車)にライドし、カントク(鈴木健二)、ウラン・セーと共に小排気量ブームを牽引した。2019年後半からはマシンを Sherco 300SE-RSherco Japan)にスイッチすることが決定している。

2015年 No Place to Run(サハリン、ロシア)、2018年 Sea to Sky(トルコ)と2回の海外レース経験を持つ。2020年にはRomaniacs(ルーマニア)への参戦を表明している。

自転車トライアル出身でテクニカルなコースを得意とする。若さからくる爆発力の一方、安定感に欠け、ミスも目立つ。脚の短さの影響でロックセクションで苦しむ姿を見ることも多い。カントクをライバル視しているが、ヒルクライムのフォームや脚の長さの酷似ぶりから隠し子とも噂されている。 自身の明るいキャラクターからファンも多いが、一定数のアンチも確認されている。
尊敬するライダーは田中太一

最近はバスフィッシングに精を出しており、平日は毎日のように釣り場へと出向いているが、腕前はごく一般的。好きなルアーはスピナーベイト

25歳の一般人女性と交際中。なお、現在の彼女は歴代で最も高収入と評判である。

頻繁にトランポを乗り換えることで知られているが、本人曰く、“マツダ・ボンゴが最もエキサイティングなマシンだった”とのことである。

Sea to Skyで訪れたトルコ・アンタルヤのクラブで九死に一生を得たが、2019年現在、詳細は語られていない。

スポンサー:
Sherco Japan
Shinkoタイヤ
ビバーク大阪\\KENNY RACING
ダートバイクプラス
4ArmStrong
うなじる
(順不同)

出典:あやとOff-Road Racer 公式Facebook

あやと.txt · 最終更新: 2019/09/21 00:00 by okaniva