ユーザ用ツール

サイト用ツール


メニュー

エチケット

HEDにおいてスタック(グリップしない路面や深く掘れた轍や、石や丸太や段差などに車輪を取られて動けなくなる状況)は日常茶飯事であり、また他のライダーや観客がスタックしてしまったライダーをヘルプ(またはコースから排除)することも日常茶飯事である。

その際、容易にヘルプが行えるようにスタックベルトを車体前後に取り付けておくことがマナーとなっており、転じてエチケットと呼ばれるようになった。そこから派生し、スタックした際の再始動が容易なセルもエチケットと呼ぶこともある。

スタックしてしまい、望む望まないにかかわらず他人にヘルプされる際にスタックベルトが付いていない場合、またはセルのない車両でエンジンの再始動に時間がかかってしまうと、エチケット不足とみなされる。

エチケット.txt · 最終更新: 2019/09/20 20:43 by n_y